バインチュン

c0189379_17191125.jpg

今日は旧暦の23日、”Ong cong Ong tao”(オンコン オンタオ)と呼ばれる、
”台所の神様の日”。
神棚に祭られた祭壇を、一年に一度だけ、掃除をする日でもある。
そしてこの日には、”バインチュン”と呼ばれる、もち米で作られた”ヴェトナム版餅”を
食べる(嫌でも食べさせられる.....)のが慣わし。
15cm前後の真四角の形は、ヴェトナムの大地を表しているらしい。
c0189379_1719326.jpg

中には”豚肉””緑豆”等が入っているのだが、これがもう、不味いの一言.......
大体がこのバインチュン、テト前の時期に作られる保存食でもあるのだが、
テトには何処の家に行っても必ず(!)これが出され、寒い真冬に、
こんなに冷たくて不味いものはない.........
テトには交流のある友人知人の家を訪問するのがヴェトナムの習慣だが、
これを食べなければいけないのが嫌で、やはりテトが大嫌い、だ........
c0189379_17194546.jpg

と言う訳で、お口直しに速攻”千楽”へ。
今日は”黒鯛のフライ”を頂く。
[PR]
by hanoilife | 2009-01-18 17:37 | ハノイの食生活 | Comments(1)
Commented by TanTan at 2009-01-18 22:21 x
お~っ、これが噂のバインチュンなのですね!!
何とも怪しげな・・・。
お世辞にも美味しそうとは言えないですぅ。(苦笑)

お疲れ様でした!(^^;
<< テト近し 9 怪しい扉 >>